布と衣の逃走セット – hifumiyu

布と衣の逃走セット

 

 

施術のためのものを

わたしたちの尊敬する友人につくっていただいています

 

敷き布 かけ布 クッション 衣

 

 

敷き布とクッションを

絲室の磯部さんにお願いしました

https://itoshitsu.com/

 

やわらかい手紡ぎのカディにぜんしんを包まれると

ほわほわ

ほかほか

生まれたての

赤ちゃんのようなここちになります

 

はじめて包まれたとき

目をつむり 布の上から手でふれられると

直接ふれるよりもほんよりと感じられ

涙がにじみました

 

また腰痛のかたや妊婦さんなどうつ伏せになれないかたのために

クッションもつくっていただきました

横向きでマッサージするためにバッチリな大きさとかたさです

 

 

 

施術中にお召しになる衣は 野原の健司さん野原さんにつくっていただきました

https://hoshiboshi-nohara.com/

 

美しい手しごとによる衣は

かるくて きもちよくて

まとうだけで スンッ とします

「こんなにきもちよいものを着れるなんて」

と施術のまえからみなさんよろこんでおられます

 

身にまとった姿とみると こちらの心まですっきりするので

お互いに準備が整った と感じます

 

 

衣はオイルマッサージや鍼灸もできる仕様です

わたしたちはお客さまが目をつむっている間 命をあずかっています

 

2011年の震災を経験したとき

幸いサロンにお客様はいなかったのですが

オイルマッサージを日本で行うことへの大きなハードルを感じました

 

それ以来ずっと「もし施術中に地震があっても逃げられる衣をつくりたい」

と 願ってきました

10年かかってしまいましたがこのセットがあれば

野原の衣 に 絲室の布 を身体にくるんで逃げることができるので

わたしたちも安心して施術ができます

 

違和感をひとつずつへらし

安心をひとつずつふやす

 

このセットのおかげでわたしたちの技術が活かされます

 

 

 

包まれてみると

 

– わたしは心地よい存在である –

 

ということを

 

肌で感じられます

 

 

 

洗濯が乾いて

とりこむとき

たたんでいるとき

布たちにかおを寄せて

空気をすい込むと

 

ほんとにお願いしてよかったなと

いつもいつもこの布たちを愛でてしまいます

 

大切なたいせつな 相棒たちです

 

photo Ayaka Onishi

〒384-2204 長野県佐久市協和960−7